早く咲かせる

贈り物

胡蝶蘭は花が咲いてから長い期間楽しめるのです。そんな胡蝶蘭はギフトとして最適ですが、枯れてしまっても適切な管理をしておけばまた楽しめるので、一度キリの付き合いにはならないのです。では花が咲き誇った後には具体的に何をするべきか、また美しい花を咲かせてもらうためにはどんな方法で花を咲かせてもらうと良いのかチェックしておき、ギフトとして送るときに伝えてあげましょう。
胡蝶蘭が少しずつ枯れてきたときにはその茎を根本から切り落として株を植え替えすることが基本となっていますが、全部の花が枯れてからその作業に入っても全く問題ありません。
また作業をするときには注意すべきポイントがあります。それは、しっかり手を洗って、ハサミも消毒しておくことが重要なのです。そうすることによって、胡蝶蘭が病気などに感染してしまうことを防ぐことができ、長い付き合いができるようになるのです。
またギフトとして胡蝶蘭をプレゼントするのであれば、ラッピングされているものが一般的です。
ラッピングされた胡蝶蘭はより美しさが際立つのですが、これは2週間以上放置しないようにしましょう。ラッピングの種類によっては根が腐れてしまうことがあるからです。ギフトとして送るのであればそのことをしっかり伝えて置かなくてはいけません。
また枯れてしまった花をすぐに咲かせたい場合には、節目に注目すべきです。根から節目を数えて3つ目の所でカットしておければ、すぐに開花するようになります。しかしこれを長く続けていると根が弱くなってしまうので、適度に休ませるということも伝えておきましょう。