楽しみを与える

お花

胡蝶蘭は見た目がキレイな花としてギフトに選ばれることが多い植物です。そんな胡蝶蘭はギフトの花の中でも特に高級な花として知られています。そのためどんなシーンであっても不自然なギフトになることなく誰からも愛される花の1つなのです。また花には独特の香りがありますが、胡蝶蘭の香りはとても控えめです。そのため花のニオイで人をイヤにさせることなくどんなシーンでも喜んでもらえるのです。また胡蝶蘭はしっかり育てればその花を長い期間楽しむことができるのです。また花が一度咲いたからといって胡蝶蘭は枯れてしまうわけではありません。次に咲くチャンスがあるので、しっかり育成して上げる必要があるのです。そのときに重要になることは、植え替えをすることです。植え替えをする時期は花によってある程度決まっています。胡蝶蘭の場合は基本的に春の桜が咲き誇る時期が良いと言われているのですが、根が傷んでいるのであれば、早急に植え替えすると良いのです。また胡蝶蘭を植え替えするのであれば、避けるべき時期がありますが、それは冬であり、この時期は基本的に根が休憩している状態になっているからです。また植え替えを頻繁にやっていると根に大きなダメージを与えてしまうことになるので注意しなくてはいけません。花が咲き終わった後に植え替えをするのであれば、その方法を知っておいてもらいましょう。
初めて胡蝶蘭の植え替えをする場合には、茎を根の近くからカットしておく必要がありますが、
それから株がどうなっているのかも確認しつつ植え替えを行います。このとき根が腐っている株があるとわかった場合にはその部分だけカットしておきましょう。それからできるだけ直射日光が当たらない場所に起き、水やりを定期的に行なうと次の時期には美しい花を咲かせてくれるのです。